横浜で空き家・再建築不可の物件を売却する前に、再建築不可物件とはどのような不動産のことを指すのか知ることが非常に大切です。今回は、横浜にある株式会社Next.が、再建築不可物件の特徴や上手な売り方を解説します。

再建築不可物件の特徴とは?

the characteristics of non-rebuildable properties

横浜で空き家や訳あり物件を売却する前に、知っておきたいのは「再建築不可物件」の概要や特徴です。

再建築不可物件の特徴を知ることで、売却・管理を有利に進めることができるでしょう。

再建築不可物件とは?

再建築不可物件とは、「再建築するのが難しい不動産」です。再建築不可物件とみなされる物件は、「接道義務」の条件を満たしていない物件であることが大きな特徴となっています。

基本的に「建築基準法」という法律によって、道路に接していない土地に住宅を建築することは禁じられています。その理由は、道路と土地が接した状態でないと、火災が発生した際に消火活動をすることが不可能とみなされるためです。道路に面していない場合、火事が起きたとしても消防車が建物まで近づけないので、救助活動がスムーズに進まない可能性があります。

建築基準法によって、接する道路は4m以上であることが条件となっています。そしてこの道路に対して、土地は2m以上接している必要があると条件が定められているのです。

再建築不可物件を売却するなら業者へ依頼!

横浜で再建築不可物件を売却するなら、まずは売却活動を依頼できる業者に相談するのがよいでしょう。再建築不可物件の扱いは自治体によって変わってくるため、横浜で空き家を売りたいとき、再建築不可物件を売りたいときは、まずは業者への依頼を検討しましょう。

横浜で再建築不可物件を売却するには?

How to sell a non-rebuildable property

こちらでは、横浜で空き家・再建築不可物件の上手い売り方をご紹介いたします。以下の点を重視し、横浜で売却活動を行えば、買主が見つからず困っていた方も、スムーズに売却活動が進められる可能性があります。

いきなり空き家を解体しないように注意

まずは、再建築不可だと判断された空き家を解体し、更地にすることは避けましょう。再建築不可物件の場合、一度取り壊すと再建築が不可能となり、ますます売却先が見つからなくなるリスクが高まるからです。対処法としては、隣接する敷地を買ったうえで、再建築可能な状態にすることが挙げられます。

リフォーム・リノベーション工事を実施する

古い空き家でも、リフォームやリノベーションの工事を実施すれば、家の価値そのものが上がります。再建築不可とされていても、家自体を気に入ってもらえる可能性が高まるため、購入を検討してくれる方が出てくることにも期待がもてるでしょう。特に近年は、リノベーション物件の人気が非常に高まっているため、有効な手段です。

空き家売却について相談できる横浜市内の業者を見つける

おすすめなのは、空き家売却に強い、信頼できる業者を見つけて相談することです。横浜を含む神奈川地域で不動産買取を行っている株式会社Next.では、再建築不可物件の売却相談も承ります。空き家や土地の売却にお困りの方は、ぜひお問い合わせください。

横浜の空き家売却をご検討中の方は株式会社Next.へ!

横浜で空き家・土地の売却にお困りでしたら、横浜を中心に不動産買取を行う株式会社Next.へぜひご相談ください。空き家やボロ物件、訳あり物件などの売却を承ります。解体を含めて土地の売買をサポートいたしますので、お気軽にご利用ください。

横浜で再建築不可物件を売りたい方は、空き家売却・買取・査定のプロ 株式会社Next.

会社名 株式会社Next.
住所 〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南5丁目7-4
TEL 045-508-9850
FAX 045-508-9851
代表者 奥田 宗政
免許番号 神奈川県知事免許(1)第29893号
所属団体名 (公社)全日本不動産協会
保証協会 (公社)不動産保証協会
URL https://yokohama-fudousan.net/