横浜で借地の売買や訳ありの建物売却をご検討中の方は、株式会社Next.へ。事前に、不動産に関わる知識を増やしておいて損はありません。今回は、横浜で借地権売却を検討するときに知っておきたい、借地と底地の違いや、借地権売却の際に支払いが必要な費用をご紹介します。

借地と底地の違いとは?借地売買の前にチェックしておこう!

the difference between leased land and land

まずは、横浜で借地売却を考える際に知っておきたい知識として、借地と底地の違いがあります。特定の土地には、借地と底地の両方が混在しているケースが見られるため、トラブルを避けるためにも、それぞれの特徴を知っておくことはとても重要です。

借地の特徴

よく聞く「借地権」という言葉は、建物所有を目的とする地上権もしくは賃借権のことを示しています。そのため借地権がついている土地は、借地と呼ぶのが一般的です。

それでは、地上権と賃借権とはどのような権利のことをいうのでしょうか?

地上権は、土地の所有者である地主と契約を交わすことで土地を自由に活用する権利です。地上権があると、地主の許可を得なくても土地を別の人に貸したり、売買したりできるようになります。

一方、賃借権は地主と賃貸借契約を交わして得られる権利です。賃借権も地上権と同様、土地の自由な活用ができる権利です。しかし、賃借権は土地売買や賃貸を行う際には地主の許可が不可欠となるため、地上権とは異なることがわかります。このことから、賃借権の方が地主にとってはメリットが多く、一般的に借地権=賃借権となっているパターンが多いです。

底地の特徴

底地は貸し宅地ともいいます。建物所有を基本的な目的としたうえで、所有者とは異なる方に貸している土地のことです。

底地には借地権者が存在するため、所有者は地代を受け取ることで安定的に収入を得られるというメリットがあります。しかし、底地のみを自由に処分することができないので、資産価値があまり高くないというデメリットも存在するのが特徴です。

このような違いをあらかじめチェックしておくと、横浜で借地権を売る際に役立ちます。

借地権の売却にかかる費用とは?訳ありの建物売却・不動産売買のご相談は横浜の株式会社Next.

the cost of selling the leasehold right

横浜で借地権を売却する際には、必要な費用があります。

まず、土地の所有者から売却について許可をもらえた場合、一般的には業者に依頼して査定を行ってもらいます。このときに必要となる費用は、以下の2つのパターンで変わります。

  • 借地契約期間がまだ満了していないパターン
  • 借地契約期間が満了しているパターン

まず、借地契約期間が満了していない場合は、土地の所有者である地主に対して名義変更料を支払う必要があります。これに対して借地契約期間が満了している場合は、名義変更料に加えて、建替承諾料と更新料も売却の際に必要となるので注意しましょう。借地権売却において最終的に受け取れる額は、査定で提示された売却価格から必要経費と地主へ払う費用を引いた額となります。

具体的な費用や売買の流れについて確認したいときは、横浜で信頼できる不動産業者を見つけて相談することをおすすめします。

横浜で借地売買・訳ありの建物売却は株式会社Next.にお任せ!

横浜で借地売買・建物売却について相談したいときは、専門的にサポートしてくれて信頼できる業者を見つけるのが一番でしょう。不動産に関する取引・契約ではトラブルが生じることが多く、正しい知識を持っておくこと、信頼できる相談先・依頼先を見つけることなどが大切です。

横浜で借地売買・訳ありの建物売却をお考えでしたら、株式会社Next.へぜひお気軽にお問い合わせください。

横浜で借地の売買・訳ありの建物売却をご検討中の方は、株式会社Next.へ

会社名 株式会社Next.
住所 〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南5丁目7-4
TEL 045-508-9850
FAX 045-508-9851
代表者 奥田 宗政
免許番号 神奈川県知事免許(1)第29893号
所属団体名 (公社)全日本不動産協会
保証協会 (公社)不動産保証協会
URL https://yokohama-fudousan.net/