川崎には借地が多いという事情があるため、それだけ借地に関するお問い合わせやご相談が川崎近隣の不動産会社には頻繁に寄せられます。川崎周辺で借地権や訳ありの戸建て売却を検討している方は、川崎の借地事情や特色を事前に知っておくことも重要です。そこで今回は、川崎の借地事情をわかりやすく解説し、不動産売買における査定の種類をご紹介します。

川崎の借地売買の事情

Circumstances of buying

川崎で借地権の売却を検討するときには、川崎ならではの借地事情をしっかり知っておきたいところです。事情を理解したうえで売却活動を進めていけば、スムーズに買主が見つかる可能性は高くなります。

川崎の借地権売買における事情としては、以下のような点が挙げられます。

借地権の多い地域とは?

周辺の地域の中では、川崎区の大師・田島地区、幸区、中原区に多く、契約が始まった時期は終戦頃だといわれています。これは、終戦による人口の増加がきっかけであると推測されているのです。京浜工業地帯には戦後、多くの方が仕事を求めてやってきました。これに対して多くの地主は家を建てる余裕はなかったのが当時の事情として考えられます。

地主としては、収入を得るために土地を貸し出すことで賃料を得る方法を取っていました。戦後復興が進むなか、銀行は個人事業主や中小企業に貸し付けを行う余裕はなく、川崎の地主は安定収入を得るために積極的に土地の貸し出しを行っていたのです。

借地に関する相談が多いのが川崎の特徴

このような背景もあって、川崎周辺の不動産業者には借地に関する相談が普段から多く寄せられます。借地権の売却、地代の交渉などが多くを占めているのが特徴です。

相談相手として不動産会社が選ばれるのは、長い契約の中で、当事者が代替わりしていることが理由として挙げられます。地主、借地権者ともに代替わりを何度も繰り返しているため、うまくコミュニケーションが取れず、トラブルに発展するケースも少なくありません。

また、終戦当時と比べて川崎の土地の価格は大幅に上がっています。この点も、借地に関するトラブルが増えたり、相談が多くなったりする要因の一つです。

不動産売買における査定の種類も知っておこう

the types of assessments

川崎で借地権の売買や戸建て売却について業者に相談する場合は、査定の種類をあらかじめ知っておきましょう。査定の種類には、主に2つあります。

  • 簡易査定
  • 訪問査定

簡易査定は、ヒアリングした情報をもとに大まかな査定額を割り出す査定方法です。そのため、あくまで目安金額になるので参考程度にとどまります。

これに対して訪問査定は、現地調査をしっかりと行ったうえで具体的な査定を行います。金額も具体的にわかるので、簡易査定より精度が高いです。

川崎で借地権の売却を行う場合、最終的には業者の現地調査による査定が必要となります。あらかじめ査定の種類と両者の違いをチェックし、スムーズな売却につなげていきましょう。

川崎周辺で借地権の売却や訳ありの戸建て売却を行う株式会社Next.では、ご相談の際に査定方法についてもわかりやすく説明させていただきます。不動産売買についてお悩みの際には、株式会社Next.へぜひご相談ください。

川崎で借地権・訳ありの戸建て売却をお考えなら不動産売買の株式会社Next.へご相談を

川崎周辺には借地が多く、その分不動産会社には借地に関する問い合わせや相談が多く寄せられます。借地権売却の際には、複雑なやり取りや手続きが必要になることもあり、トラブルも少なくありません。

川崎で借地権を売るにあたってお困りの際には、不動産売買の株式会社Next.へぜひお気軽にお問い合わせください。ご希望・ご要望をしっかりとヒアリングしたうえで、お客様一人ひとりに合ったご提案をさせていただきます。

川崎で借地権・訳あり物件の売却をお考えなら株式会社Next.へ

会社名 株式会社Next.
住所 〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南5丁目7-4
TEL 045-508-9850
FAX 045-508-9851
代表者 奥田 宗政
免許番号 神奈川県知事免許(1)第29893号
所属団体名 (公社)全日本不動産協会
保証協会 (公社)不動産保証協会
URL https://yokohama-fudousan.net/